NEWS

【ポリューション】日常的に肌を老化させてしまう外的刺激

外的刺激から肌を守ることは
肌ケアをする上で最も大切なケアの1つです。

肌を老化をさせる外的刺激の80%を占めるのが
紫外線だとされています。
これはみなさんも周知の事実で、
日頃より日焼け止めを塗布して紫外線予防されているかと思います。

では、あとの20%は…
それはポリューションだと言われています。

ポリューションとは
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、
これは大気汚染する環境要因を指します。

大気汚染物質は様々で
花粉、黄砂、排気ガス、タバコ、埃など…

最近話題になっているのは
ばい煙が発生源となっているPM2.5。
極めて小さな粒子で
人体の奥深くまで入り込んでしまう恐れがあります。

これら目に見えない細かい粒子は肌に入り込むと
コラーゲンを分解したり、メラニンを増やしたりして
肌にダメージを与えるのです。

まずは体内にポリューションを入れないようにする事が
一番の予防です。

油分はポリューションから肌を守る大事なバリア機能です。
油分が不足すると、肌に入り込みやすくなります。

バリアしても、日常生活の中では
完全に体内に入れない、付着させない事は
なかなか難しいかもしれないですね。

付着したら、しっかり取り除くことが重要です。
それらが肌に残ると炎症が起こりやすくなったり、
乾燥しやすくなったりします。

しっかり汚れを落とし
しっかり保湿し、油膜をはる
そして常に日焼け止めを塗布する

日常の基本的なスキンケアを丁寧に
肌老化の原因を取り除いていきたいですね。